スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 女性は柔軟な働き方を求めている

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 女性は柔軟な働き方を求めている

10464037_80...

 

 

先日、内閣府から公表された「男女共同参画白書 平成26年版」に、男女の就業の現状に関する調査結果が掲載されています。

これによると、女性は柔軟な働き方を求めて、非正規雇用(パート・アルバイト)での就業を選択している事が伺えます。

白書によると、非正規雇用を選択した理由として、男性は「正規の職員・従業員の仕事がないから」(30.6%)が最も多く挙げられている一方、女性は「家計の補助・学費等を得たいから」(26.8%)が最も多く、「正規の職員・従業員の仕事がないから」は13.3%で4番目となっています。

女性を年齢階級別に見た場合「都合のよい時間に働ける」や「家計の補助・学資等を得たい」が第1位となっており、「正社員として働ける会社がなかった」ことは全般として理由の上位に挙げられていません。

女性が柔軟な働き方といった非正規の職員・従業員の利点に注目している割合が高いのに対して、男性は正規の職員・従業員を標準的な雇用形態として捉える傾向があります。
男性の場合、一家の生計を守らなければならない点からみても、正規雇用を標準的な雇用形態とするのは当然でしょう。

非正規雇用に対する差別的な取り扱いを制限し、より正規雇用に近い形に保護しようとしていますが、以前よりお伝えしている通り、必ずしも正規雇用されないからパート・アルバイトでの就業をしているとは限らず、それぞれの就業スタイルを選択しているケースも決して少なくないという点を行政は理解をして欲しい。
単に雇用する側の企業に負担を求めるのではなく、多様な働き方ができるというところでの、それぞれの雇用を守るための施策を検討して欲しいものです。

 

男女共同参画白書 H26年版
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h26/zentai/index.html

投稿日:2014/06/23
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える