スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【採用】 > 来春の大卒求人、2年連続悪化 01年の就職氷河期並み

人事・労務の知恵袋

【採用】 来春の大卒求人、2年連続悪化 01年の就職氷河期並み

4月21日 アサヒコム
2011年3月卒業予定の大学生・大学院生に対する民間企業の求人倍率が1.28倍で、前年比で0.34ポイント低下したことが、リクルートが21日発表した調査でわかった。
2年連続の悪化で、「就職氷河期」といわれた01年卒以来の低水準となっている。

景気は回復基調にあり、1日発表の日銀短観では、大企業・製造業の景況感が4四半期連続で改善した。ただ、正社員の過剰感はあり、新卒採用の抑制は続いている。

求人倍率は、比較できる1987年3月卒以降で、過去6番目の低水準。就職希望者は前年比1.9%増の45万6千人だった。

求人数は58万2千人で前年比で19.8%と大きく減った。ただ、採用数の減少には底打ち感もみられる。
09年秋に調べた10年3月卒の大学生の採用数最終見通し(60万4千人)と比べると、減少幅は3.7%にとどまっている。

従業員5千人以上の企業では、採用数を増やす企業も多い。
リクルートは「一部の大企業では採用に回復の兆しがある」と分析しているが、多くの企業が学生の質を重視する「厳選採用」の姿勢を崩していないという。

企業規模別の求人倍率は、従業員1千人以上が0.57倍と前年比で0.02ポイント改善。
1千人未満の中堅・中小企業は、2.16倍と前年より1.47ポイント下がった。
10年春の卒業生は大企業志向が強く、2月1日時点の内定率が80%にとどまった。
11年の卒業予定者には、中堅・中小企業に目を向ける学生が増えている。

調査は2~3月に実施し、従業員5人以上の企業4460社、学生1万4685人から回答を得て推計した。
(以上、記事より)

採用市場に動きが出てきたとの報道もある一方、新卒採用市場はまだ厳しい様子です。

2010年の新卒採用では、この機会をチャンスとしていた中小企業も多くあったにも関わらず、思った通りの採用ができなかったとの声も聞かれたことから、求人企業数の減少+学生側の大手企業・安定重視志向が、採用率にも影響したと考えています。

2011年の新卒採用では、中堅・中小企業にも興味を持つ学生が増えているとのこと。
企業規模だけに捉われずに、自分のやりたい・進みたい仕事にマッチした企業選択をして欲しいと思います。


★ストレス診断でメンタルヘルス対策
http://www.sming.jp/250/25050/

 

投稿日:2010/04/22
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える