スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【その他】 > エンジニアの住宅手当「支給あり」は4割

人事・労務の知恵袋

【その他】 エンジニアの住宅手当「支給あり」は4割

「リクナビNEXT Tech総研」が発表した、エンジニア400人に対する「住宅手当・社員食堂の満足度調査」より。

住宅手当支給ありは41%、社宅・寮あり20%、住宅手当支給なし48%

支給額は1~2万円が20%、1万円未満が15%

社員食堂ありは40%、食事手当支給あり15%、食事に関する手当なし51%

ふだんの昼食は、お弁当持参が38%、近所のコンビニ・弁当買うが32%、社員食堂で食べる31%がベスト3。近所で外食23.5%を上回る。平均の昼食代は「301~500円」が35%で最多。

アンケート結果より、社員食堂の必要性についてはITエンジニアは半数といったところ。
勤務先への住宅手当・食事手当に満足してるがどうかについては、85%が不満足と回答しています。
また住宅手当・食事手当支給が転職先の選択基準になるかどうかについては、5割近い人が「何社かで悩んでいたら支給される方に就職する」と回答。

自分の技術力や会社の伸長・拡大性を就職先の選択基準としていながらも、自分の給与に直結する福利厚生的な手当支給は、生活維持の一端を担うだけあって魅力のひとつと捉えられるのかもしれません。

エンジニア400人に聞いた住宅手当・社員食堂の満足度/Tech総研(リクナビnext)
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001423&vos=nyternns000000000001

投稿日:2008/10/17
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える