スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【その他】 > 最近のニュースからみた労基署の是正勧告

人事・労務の知恵袋

【その他】 最近のニュースからみた労基署の是正勧告

労基署の是正勧告や指導が、どの程度ニュースで取り上げられているかをみてみました。

10/7 労基署が警察に是正指導=嘱託職員の契約打ち切りで-滋賀(大津労働基準監督署、是正指導)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200810/2008100700362

10/4 長崎大の残業代不払い、労基署が是正勧告2年間7300万円付属校教諭らへ(長崎労働基準監督署、是正勧告)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/51543

9/30 イー・モバイルに是正指導、業務委託、実態は派遣(大阪労働局、労働者派遣法違反で是正指導)
http://www.asahi.com/digital/mobile/TKY200809300354.html

9/24 清水建設に是正勧告、労使協定に反し残業(名古屋北労働基準監督署、是正勧告)
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008092402000058.html

9/18 割り増し賃金不払い:鳥取「わらべ館」、労基署が是正勧告(鳥取労働基準監督署、是正勧告)
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20080918ddlk31040536000c.html

8/6 バス運転手超過勤務で是正勧告/労基署から横浜市交通局(横浜北労働基準監督署、是正勧告)
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiiaug0808129/

7/31 大原簿記専門学校神戸校に是正勧告、サービス残業で労基署(神戸東労働基準監督署、是正勧告)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/165596/

7/11 山梨県立中央病院が残業代1億余未払い、労基署が是正勧告(甲府労働基準監督署)
http://homepage3.nifty.com/akira_ehara/yamanashi.pdf

7/3 JTB子会社、みなし残業代に対し是正勧告(中央労働基準監督署)

6/4 大手居酒屋チェーン「和民」、アルバイト店員未払い賃金計1200万円を支払う(大阪労働基準監督署、是正勧告)
http://news.biglobe.ne.jp/social/jc_080604_6507866734.html

4/23 名ばかり管理職と是正勧告、滋賀県立病院に労基署(大津労働基準監督署、是正勧告)
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080423/lcl0804230859001-n1.htm

3/15 大阪大でサービス残業5400人、労基署が是正勧告(茨木労働基準監督署)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080315/crm0803151310006-n1.htm


ざっとみた限りでも、昨年までのニュース取り上げ数よりは圧倒的に多くなっているように感じます。
それだけ世間の関心事にもなっているという事でしょう。

具体的な勧告内容は、9割9分が未払い残業・サービス残業に対するもの。
勤務時間管理に対する企業側の意識の甘さ、労働基準法に対する認識の甘さからきているものと考えます。

よく経営者の方から「労働基準法を守っていたら経営が成り立たない」という声を聞く事があります。
人件費という面からみると、残業代は直接・間接経費としてキャッシュインパクトがあるのは事実。おまけに毎月の変動も想定しておかなくてはいけません。
100%法律を守っていければいいのでしょうが、グレーゾーンがあるのも事実。

かといって労働基準法に違反したまま経営を進めていく中、突然、労基署が監督調査にやってきて「おたくの会社では●●●●万円の未払い残業がありますから、■月までに全額支払い今後の対策も講じてください」と指導されてしまっては、足元から揺らぎかねません。

これから11月にかけて労働基準監督署は積極的に監督調査を行います。
今回の調査方針は「労働時間の適正化」です。

9月には名ばかり管理職に対する指針・QAも打ち出している事から、昨年以上に監督内容を強化してくるのは必至です。

今からでも遅くはありません。
勤務時間管理の方法見直しと管理ツールの整備
就業規則や労使協定の作成と見直し
日頃から社員とのコミュニケーションを取っておく

世の中の捉え方も大きく変化してきており、社員の権利意識も高まっています。
「うちは大丈夫」は通用しないと心得ておくべきでしょう。

投稿日:2008/10/16
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える