スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?

人事・労務の知恵袋

【ワンポイントQ&A】 離職率

【今回のワンポイント】
1.離職率・平均勤続年数は、就業環境を図る基準になる
2.退職者が増えていると感じる際には、離職率から自社の課題を考えてみる

 

採用面接などで離職率を聞かれることがありますが、これはどのように算出したらよいのでしょうか?

また、その質問の裏にある応募者が知りたいポイントはどんなことなのでしょう。

離職率の算出方法については、法律上、特段の定めはありません。

一般的には「起算日(年度初め)から1年間の離職者数 ÷ 起算日時点での在籍者数」で計算する方法が用いられます。

これ以外でも「新卒社員の3年以内の離職率」
「中途社員の1年以内の離職率」とする場合もあります。
 
応募者が離職率を知りたい理由として考えられるのは、離職率の高低により、社員の職場環境に対する満足度や、社内の人間関係性に問題がないのか、また長期的に働ける環境(産休・育休制度が取得しやすい等)が整っているかなどの、
判断材料のひとつとするためと考えられます。

ちなみに、面接の際に応募者がこのような質問をするのは、就業環境だけで会社を判断するという印象を企業側に与える可能性があると捉え、採用内定後に質問をする傾向があるようです。

離職率だけで会社の就業環境が図れるものではありませんが、社員の定着率が良くないというのは、何かしら働きにくい理由があると考えるべきでしょう。

どうも最近退職者が増えている、定着率が良くないと感じる場合には、職種ごとの平均勤続年数や離職率を確認し、さらには同業他社との比較などもしてみる事で、自社の就業環境に関する問題点がみえてくるかもしれません。


自社に合った就業規則や賃金制度に見直しをしたい
社会保険料と賃金の見直しを考えてみたい
社員のやる気が出る仕組みにしたい
問題社員とのトラブル、入社退職時の手続きについて
★お問い合せ・ご相談はこちら
http://www.nari-sr.net/contact/
24時間受付
info@nari-sr.net (24時間受付)
電話 03-6300-0485(平日10:00~18:00)




fb_mark【人事・労務の玉手箱fbページ】で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/jinjiroumutamatebako

 

投稿日:2013/06/28
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える