スマートフォン版に切り替える
Check!【無料セミナー】社員がイキイキする職場にしませんか?
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【法改正】 > 4月以降の雇用保険料率は据え置き

人事・労務の知恵袋

【法改正】 4月以降の雇用保険料率は据え置き

厚生労働省が2月10日の告示によると、平成23年度の雇用保険料率は、平成22年度と同様、一般の事業で15.5/1000、農林水産及び清酒製造の事業で17.5/1000、建設の事業で18.5/1000となります。

一般の事業では、従業員の保険料率は0.6%、事業主負担は0.95%のままとなります。

今年度と同様の保険料率となりますので、労働保険料の申告・納付にあたっては確定保険料と概算保険料で料率が異なる事もなく、計算しやすいと思われます。

平成23年度の保険料率(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000125gf-img/2r985200000125hw.pdf


社会保険の加入手続き・代行など
社会保険に関するアウトソーシングは「なりさわ社会保険労務士事務所」へ
↓↓↓
http://www.nari-sr.net/190/

投稿日:2011/02/13
東京都渋谷区 社会保険労務士法人スマイング
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える