人事・労務の知恵袋

人事・労務 企業の6割 テレワークの頻度減らした
学情社の「勤務形態」に関する調査により、コロナ禍の行動制限の緩和を受け、企業の6割が「テレワークの頻度を減らした」ことが明らかになりました。
在宅勤務・テレワークの導入状況について尋ねたところ、「コロナ対策として導入し、現在も実施している」と回答した企業は46.1%と約半数の企業が継続していた一方で「コロナ対策として導入し、現在は実施していない」と回答した企業も26.0%になります。
行動制限の緩和を受けて「テレワークの頻度を減らした」と回答した企業が60.6%となり、「テレワークだけでは業務に支障があるので、出社の機会も設けている」「ブレストや会議は出社して実施している」「業務に合わせて生産性の高い働き方を選択するようにしている」「職種によって、頻度を調整している」といった声が挙げられています。
「テレワークをしている」人から、テレワークに何らかの不満や課題があるか聞くと66%が「不満がある」という調査結果もあり、具体的には「通信環境が不安定で仕事がしづらい」(36%)、「社内の評価制度が整っていない」(33%)、「自宅に仕事をする場所がない」(28%)などが挙げられているようです。
こういった不満や課題からもテレワークの頻度が減ってる可能性も考えられます。テレワークにも対応した人事制度の見直しも必要なのかもしれません。
デジタル人材の人事評価制度セミナー

 

投稿日:2023/01/16
IT業界の人事・労務、就業規則 社会保険労務士法人スマイング
〒151-0072 東京都渋谷区幡ケ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

PAGETOP