スマートフォン版に切り替える
Check!【各種セミナー開催中】法改正や業種ごとの事例など参考になる話題がたくさんあります!
トップページ > 人事・労務の知恵袋 > 【人事・労務】 > 人手不足の影響から「サービス残業」減少の傾向

人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 人手不足の影響から「サービス残業」減少の傾向

大和総研の調査により、企業が残業代を支払わない「サービス残業」は、2017年に行われた年間のサービス残業は平均1人当たり約196時間で、2000年の約266時間から約70時間減り、長期的にみると減少していることがわかりました。
調査は、労働者と一般企業の双方を対象に実施し、労働者と企業が答えた労働時間の差を「サービス残業時間」と仮定して推計しています。

サービス残業時間の推移については2000年代前半の、年間230~260時間とから、減少傾向になり、20114年以降は年間200時間を下回っています。

業種別の集計を5年前と比較すると、サービス残業多く減っていたのは、建設業で約55時間減の約107時間、不動産業が約50時間減の約94時間、一方で減少幅が小さかったのは、宿泊・飲食業で約6時間減の約335時間、金融業は約5時間増の約230時時間と増加に転じています。

大和総研の研究員によればは「企業の人手不足が続いており、待遇を改善しないと人材が集まらなくなったため」「建設業・不動産業は特に人手不足感が強く、企業が人材確保の必要性を強く実感したため改善に転じた。一方、宿泊・飲食業は24時間体制で営業するケースが多いため、業態上サービス残業を減らしづらいと考えられる」「金融業は人手不足に陥っている企業がそもそも少ないため、企業側が業態改善の必要に迫られていない可能性がある」と要因を分析しています。

今後も、人手不足が当分続くため、全体でのサービス残業の減少はこれからも続くことが予測されます。

労働時間管理や人事評価制度の導入による待遇の改善をして、人手不足の対策をしませんか。

すまいる人事制度&人事評価制度セミナー
http://www.nari-sr.net/media/seminar/201702-03

投稿日:2018/05/01
IT業界の人事・労務、就業規則 社会保険労務士法人スマイング
〒151-0072 東京都渋谷区幡ケ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

お問い合わせはこちらからどうぞ。お気軽にご連絡ください! 03-6300-0485

サイト内検索
ChatWork EVANGELIST
に選ばれました
ROBINS確認者
PC版に切り替える