人事・労務の知恵袋

【人事・労務】 研修でカードを活用する効果

IT系企業のアトラエ社が、7月に職場等で自分の価値観をシェアできるカードゲーム「wevox values card」を発売いたしました。

周囲とのコミュニケーションは仕事を円滑に進めるには必要不可欠であり、コミュニケーションを活性化し、チームワークをよくするには、まずお互いのことを知る必要があります。

「wevox values card」は全部で90枚のカードあり、それぞれ「責任感」「経験」などの価値観が記載されており、「自分自身の価値観と相互理解」がわかるという遊び方になります。

様々な使用方法はありますが、カードを取捨選択していく使い方をしていくと、カードに記されている価値観の多彩から迷う場面が多くあります。
手元に残すコードだけではなく、捨てるカードも含めて自分の価値観とは何かと向き合う時間になったり、普段から何を大切にしているか、参加者同士の相互理解に役立ちます。

「webox value card」含めて、研修用のカードは様々発売していますが、ディープ・デモクラシー(深層民主主義)、「声の大小に関係なく、すべての意見は耳を傾けられる必要がある。言いにくい声にこそ知恵がある。」という考え方があります。

管理職などの声は大きくよく通りますが、経験の浅い社員や非正規社員の声は小さいことが多く、場合によっては声にすらならないこともありますが、小さな声や声にならない声にこそ、重要なヒントが埋もれている可能性があります。

カードなどのツールを社内研修等で使用することで、全員に平等に発言権が与えられるため、小さな声にも耳を傾けられる可能性が高くなり、カードに記載されている事項からボギャブラリーの補助になるため発展性も高くなります。

社員が働きたくなる会社にしませんか?
社員が働きたくなる会社づくりセミナー講座
https://www.nari-sr.net/media/seminar/20160412

投稿日:2019/09/17
IT業界の人事・労務、就業規則 社会保険労務士法人スマイング
〒151-0072 東京都渋谷区幡ケ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

PAGETOP