人事・労務の知恵袋

人事・労務 IT企業の採用事情の変化に関する調査
「日本デザインスクール」を運営する日本デザイン社は、IT企業の経営者・人事(採用担当者)を対象に、「IT企業の採用事情の変化」に関する調査を実施したところ、IT業界は、コロナ禍で4割以上の担当者が採用人数が減少したと回答したことがわかりました。
 
コロナ禍でも業績を上げているイメージがあるIT業界ですが、実際には他の業界と同様、採用を減らした企業が多く、「やや増加した(5.1%)」「大きく増加した(1.5%)」という回答は少数に留まっており、コロナ禍の影響はIT業界にも波及しているようです。
 
また、人材採用で重視するポイントについては、「スキル重視(47.3%)」「人物重視(41.6%)」「モチベーション重視(29.7%)」の3つが上位になり、「未経験者でもITスキルを持てば、その人の市場価値は高まると思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が「とても高まる(18.8%)」「ある程度高まる(53.4%)」と回答しています。
 
IT企業は一般的な企業と同様に人物像などを重視する一方で、ITスキルがあれば未経験者であっても高く評価するといったことが調査結果からわかります。
IT業界は業界内での転職も多いため、ITスキルの高い人材を人事評価制度でも反映できる仕組みづくりや、会社に対してエンゲージメントを測定する要素の一つである「愛着精神・誇り」が他の業界よりも低い傾向にありますので、人事評価制度を導入・見直しと合わせて、魅力的な会社づくりの施策は検討してもいいのかもしれません。
 
テレワークにも欠かせない人事評価の仕組みづくり

投稿日:2021/08/30
IT業界の人事・労務、就業規則 社会保険労務士法人スマイング
〒151-0072 東京都渋谷区幡ケ谷2-14-9 ヤナギヤビル4F
新宿駅から京王新線で3分「幡ヶ谷駅」下車 北口より徒歩1分
※当サイトの文章、イラスト、写真、図や表などの無断転載を禁止します。

PAGETOP